生後1週間~先生との面談~

「いのちのDIARY」


平成8年8月12日。月曜日。
夏菜が産まれてちょうど1週間です。1週間の間に多くの産婦さんが入院して最初がらがらだった産科病棟は満室となり、元気のいいお母さんは違う病棟に入院するほどになっていました。市立病院では夜間も授乳をするのでみんな目覚まし時計で起きるのですが・・・みんなお疲れでおきません。なので私は夜の目覚まし係りとなり、アラームをセットして鳴ると「お~い!授乳タイムだよ~」と起こしていました。私以外はみんな赤ちゃんが新生児室にいるので授乳時間には面会できますが、私は1日1回、15分と言う面会時間。でも同じ病院だからいいほうでした。違う病院に入院しているお母さんは自分が退院するまで面会ができずきっと不安だっただろうなと思います。

朝、いつもの検温。私は帝王切開だったので基本的には10日間の入院でしたので退院日は14日だったのですが、産後の調子も良かったし、まだ夏菜の入院は続くので看護師さんから
「お母さんがよければ退院してもいいそうです。どうしますか?」

もちろん「はい!」です。4歳と1歳7ヶ月の子供を家に置いての入院だったので早く退院できたほうがいい!ちょうど夏菜の先生との面談も13時だったので、主人も来るのでそのまま退院することにしました。

13時。K先生と面談。体重は1011g。9日の金曜日が一番へって920gになってしまいましたが少しずつ増えているようです。生まれたときは4本だった点滴が11日に2本に減り、12日は栄養剤のみとなりました。まだ口からの授乳はできず鼻からの栄養チューブで母乳を一日8回注入していました。最初は1ccから。でもたった1ccも消化できずに胃の中に残っていた夏菜。でも徐々に消化できるようになりやっと今日は1cc全部を消化できるようになりました。
今日は試しに人工呼吸器を外してみるとこにしたそうです。自発的な呼吸が認められたのでちょっとチャレンジ。
e0166032_1734370.jpg
酸素濃度を25パーセントにしてあります。

先生は先日話した脳の出血のことを話してくれました。血管の未熟性から起きる脳内出血はおさまったとのこと。毎日エコーで見て判断するのと同時に頭囲を測って異常に大きくなっていないか調べていました。夏菜の頭には×印がある日ついていてなんだろうと思ったら看護師さんが「頭囲を測るのに基準を決めないといけなかったの。ごめんね!」と言っていました。

心臓の穴のハードルの次のハードルを何とか乗り越えてくれました。


でも次のハードルがまたあった。


超未熟児、極小未熟児の10~15パーセントに起こるという「脳室周囲白室軟化症」


この後遺症はこれから起こるそうです。夏菜は血液がドロドロだった。危険性はとっても高い。

医者は必ず最悪の状態を話すことになっています。それは「絶対」ということがないからです。どんなに先生ががんばっても、患者ががんばっても・・・・どうすることができないときがあるのです。
なので医者は最悪の状態を話すのです。


「夏菜ちゃんはリスクが多くて、脳室がとっても心配です。この後遺症はその子によって異なります。重度に残った場合、寝たきりになってしまうこともあります。10~15パーセントの赤ちゃんが後遺症が残るといわれています。今の段階ではまだわかりません。ただ今日のCTではちょっと欠落が認められました。わかりやすく説明すると脳室の周りの神経細胞が未熟な血管、心臓のために血液が運ばれず欠落、なくなってしまうことです。失われてしまった脳神経はもう二度とできません。どこまで欠落してしまうのか・・・大体1週間かけて欠落していきます。金曜日にまたCTを撮りますので16日の金曜日に面談に来てください。」


夏菜は難しいのだ。どうか欠落がすぐに止まってほしい。

せっかくの退院でしたが、また辛いハードルができてしまって元気に家に戻れるのか・・・

でも二人の子に元気なお母さんの顔を見せてあげないといけない。
それに決めたんだ。どんなことがあっても、前に進む。誰も責めてはいけない!

夏菜に障害が残っても「夏菜」には変わらない。私の子供。
大丈夫・・・大丈夫・・・


生まれてきてくれたんだから・・・お母さんと一緒にハードルを乗り越えよう!何があっても私は逃げない。ちゃんと受け止めるんだ。

そして2週間の入院生活を終えて自宅に戻った。
「あのね、夏菜ちゃん小さく生まれたから病院にいることになったの。でも先生、看護師さんがいるから大丈夫よ。」
2人の子に話した。長女は4歳。何とか理解できていたが、長男はまだわからないだろう・・・

それからは主人が仕事を終えてから一緒に面会に行った。保冷バッグを持っていきました。その中には搾った母乳が8本。100CCのビンに入っていましたが夏菜は1回の授乳で1~2CCしか使いません。私ができることは母乳を搾って、元気でいること!ママが元気じゃないと夏菜は嫌だよね!


きっと・・・きっと・・・残ってしまうだろう・・・夏菜には障害が残ってしまうだろう・・・


まだ結果がわからないはずなのに私にはわかる。それがどうした。残ったら残ったらでいいじゃない。

私はどんなことにも負けない。大丈夫。そう、産まれる前から覚悟してきたんだもんね。

「どうして?」なんて言わない。受け止める。ちゃんと受け止める・・・

私は夏菜のお母さんだから。他の誰でもない、夏菜のお母さんは私だけなんだ・・・



続く・・・



e0166032_17412513.jpg
見てくれてTHANK YOUです!また見に来てくださいね~(#^.^#)
ランキングをクリックしてくれると嬉しいです(^_^)/~この下で~す!
ポチっとしてくれるとランキング~!されます(^_^)v応援よろしくです

人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 主婦日記ブログへ

by chisato-antares | 2009-08-12 17:45 | いのちのDIARY | Comments(9)

Commented by ゆうき at 2009-08-12 21:22 x
今日も食い入るように読ませていただきました。
数々のハードルを乗越えてこられた夏菜ちゃん、CHISATOさん、二人を支えた皆さんを尊敬します。
夏菜ちゃんは、CHISATOさんや旦那さん、お兄ちゃん、お姉ちゃんをの所を選んで生まれてきたのだと、読んでいて思いました。うまく言葉にできなくてごめんなさい。また、来ますね。
Commented by chisato-antares at 2009-08-12 21:47
ゆうきさんへ
いつも訪問ありがとうございます。夏菜は一つ一つハードルを乗り越えてきました。今育児日記を読み返してこんなこともあったんだと思うことばかりです。当時は一生懸命だったので全く大変だと思いませんでした。友達に「大変そうだね」と言われても全く感じませんでした。今でもそうかな?乗り越える力を夏菜が私に与えてくれたのかな?
Commented by sakuraちゃん at 2009-08-12 22:29 x
次々と襲ってくる難題。
でも一つ一つハードルを越えていき、
今に至っているんですね。
必死で、食い入るようにいつも読んでいます。

夏菜ちゃんには生きて行く力があるんですよね。
この力ってすごいですね。

続きが早く読みたいです。
Commented by hiromama at 2009-08-13 08:15 x
こんなに小さい時から一生懸命生きてきた夏菜ちゃん
今の夏菜ちゃんには小さい時のこと覚えていないかもしれないけど
夏菜ちゃんの体がちゃんと覚えているだから今の夏菜ちゃんがいて
一年間の家族と別れての入院生活も乗り越えられるのかな?と思いました。今乗り越えた分また楽しいことがある!まだまだたくさんの乗り越えなきゃいけないこともあるかもしれないけど夏菜ちゃんの頑張りと、前向きな姿勢でファイト!
周りもお盆休みになりましたね。明日も出勤だったのですが、なんとかお休みに!なので今日一日がんばります。
Commented by hiromama at 2009-08-13 15:10 x
追伸!そう来週末ボンファイヤーのCM見てたら行きたくなって行くことに(^^)
夏だ!祭りだ!ファイヤー?・・・・・・
今年の初花火見れるかな?
Commented by chisato-antares at 2009-08-13 21:21
sakuraちゃん へ
ひとつクリアーするとまたひとつ・・・とハードルがありました。でも夏菜は「生きる!生きたい!」という力があったのでしょう。どんなに高くても乗り越えてきました。どうしても乗り越えられなかったハードル・・・でもそのハードルが今の夏菜と私たちを幸せにしてくれています。どんな運命でも負けない夏菜です!
Commented by chisato-antares at 2009-08-13 21:35
hiromama さんへ
そうですね・・・小さいときからいろんな壁にぶつかってきて一生懸命に生きてきましたね。今も全てのことに一生懸命!なので我が家ではやる前から「できないかもしれないからやめる」というのは許しませんね。やって駄目ならいい!100パーセントの可能性なんてないのですから試してみようと前向きです~
明日からお休みですか?お疲れ様でした!私は先週からロングのお休みですが・・・年末年始は休みなしです・・・順番でお店に出るかな?時間が短いのでいいけどね!
ディズニーではたっぷり楽しんできてね~私も一緒に踊りたいわ!
Commented by 葉月 at 2009-08-13 22:04 x
こんばんは、お久しぶりです!

この世に生まれてきた小さな命・・・
数え切れないほどのハードルを乗り越えて
きたのですね
4本の点滴が、2本に・・・考えただけでも
辛くなりまが、よく頑張りましたよね
生きるということは、こういうことなのですね
Commented by chisato-antares at 2009-08-13 23:20
葉月さんへ
こんばんは!元気ですよ~やっと今日の更新が終わりました。
夏菜は今まで何度ハードルを越えてきたのだろうか・・・まだまだこれからもハードルはあるでしょう。でもこんな小さなときから乗り越えてきたのだから大丈夫!みんなが応援してくれているのできっと答えてくれでしょう!「生きる」ということの素晴らしさを夏菜から教えてもらいました。生きるのなら楽しく生きたいですね。明日は今日よりいい日になる!いつもそう思っています。
名前
URL
削除用パスワード