大きくなってきた夏菜・・・一人で二人分・・・

「いのちのDIARY」


生後1ヶ月と5日。やっと夏菜はうまれた体重になりました。一時は920gまで落ちてしまった体重でしたが1ヶ月で元の体重になりました。NIUCも出ることができ、あとは体重が2000gを超えると保育器から出ることができる!

障害が残ることはわかっている・・・でもいいの!この子は私のかわいい子。可愛いと思う心、愛しいと思う心は全てを救ってくれる・・・ありがとう・・・産まれてきてくれて・・・


「未熟児網膜症」・・・知っている・・・最悪の場合失明をしてしまう・・・でも、これも受け止めないといけない。
私の子・・・上の二人と同じ・・・

目の検査は毎週月曜日にやっていました。面会に行くと目に薬が塗っている。一体だんな検査だったんだろうか?目にべっとりと塗ってある・・・目が開けられるのかな?

看護師さんが来た。
「夏菜ちゃん、いやいや言って泣いていましたよ~でもちゃんと受けておりこうさんでした」
いい子だね!さすが夏菜ちゃんだね。

夏菜は私たちが心配している中すくすくと育っていった。小さな体で動いている・・・本当に障害があるんだろうか?「脳室周囲白室軟化症」について調べてみた。軽度から重度まであるそうだ。自分で上手にコントロールができないらしい。全くの感覚がないわけではない・・・訓練が大切だと言うことがわかった。そうか・・・わかった。一緒に訓練しようね。夏菜ちゃんには家族がいるんだよ。お父さん以外にもおねえちゃんとおにいちゃんがいるんだよ。夏菜ちゃんが保育器から出られたら会えるからね。


夏菜はますます元気いっぱいに動くようになり、なんと栄養チューブを抜いてしまったり、心電図のコードを引っ張ってアラームがなりっぱなしだったり・・・
看護師さんからの話は楽しみでした。
「夏菜ちゃんは昨日の夜おねんねしてくれなくってずっとおんぶしていました~」
あらら~甘えん坊だね。夏菜ちゃん、お母さんわかる?私がお母さんだよ。そのうち一緒に過ごそうね・・・


9月も終わり、10月になった。体重は1500gに増えた。1回の授乳量は35ccとなった。まだ、栄養チューブ・・・本当はまだお腹の中にいるはずなんだよね。だからこのチューブはへその緒・・・
担当のK先生から今度CTを撮って、脳の状態を見るとお話がありました。どんな結果だろうか・・・


結果は次の日の面会のときに先生が来たのだ。
「夏菜ちゃんの左の脳にダメージが認められました。どのくらいダメージがあるかどうかはMRIでないとわかりませんが・・・でもお母さん、夏菜ちゃんには僕たちがいます。一緒に支えていきましょう。」

夏菜は「障害を持った」と言うことが確実となった。
それがどうしたのだ。私の子だ。負けず嫌いの私の子。きっとどんなことも乗り越えてくれるだろう・・・だって、夏菜は一人じゃない。夏菜には私たち家族と・・・生まれてくるはずのもう一人の子がいる。きっと夏菜は2人分を生きてくれる。夏菜は一緒に生まれてきて、一緒に大きくなって、喧嘩したり・・・勉強を争ったり・・・本当は2人で生まれてくるはずだった・・・でも夏菜は一人で生まれてきた


夏菜はもうひとりの・・・絵美の分も生きようと今がんばっている。一人だけど二人分・・・二人分の幸せを捕まえようね!大丈夫・・・お母さんはいつもかなと一緒だよ。夏菜は病院でも・・・離れていても心は繋がっているよ・・・大丈夫・・・大丈夫・・・


目の検査は毎週続いていた。10月頭までは何とか正常の範囲であったが・・・夏菜の退院は11月にできそうだと先生に言われたけど「網膜症」は夏菜の目を病んでいった・・・異常な速さで悪化していった・・・週に1回の検査が2回に増えていた・・・


続く・・・


e0166032_221492.jpg
10月8日。体重1640g。1回の授乳量35cc。

e0166032_223367.jpg
10月17日。体重1800g。1回の授乳量40cc。最後の保育器の写真。退院まで2週間だろうと言われていたころ。でもまだまだ夏菜は家に帰ることができなかった。眼科の先生の退院の許可が下りなかった・・・


見てくれてTHANK YOUです!また見に来てくださいね~(#^.^#)
ランキングをクリックしてくれると嬉しいです(^_^)/~この下で~す!
ポチっとしてくれるとランキング~!されます(^_^)v応援よろしくです

人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 主婦日記ブログへ

by chisato-antares | 2009-08-25 22:08 | いのちのDIARY | Comments(12)

Commented by ゆうき at 2009-08-25 23:27 x
夏菜ちゃんは、本当に二人分頑張ってきたのですね。
生まれる前から、生まれてきてからもずっと・・・。
私がこのブログで、夏菜ちゃんの姿に心引かれたのは本当は一緒に生まれてくるはずだった絵美ちゃんの力もあってなのかな。
絵美ちゃんは今でも生きているのですね。夏菜ちゃんの中で、CHISATOさんの中で、旦那さんの中で、お姉ちゃんの中で、お兄ちゃんの中で・・・・・・・。小さな体で必死に生きようとしている夏菜ちゃんの姿、また、泣いてしまいました。思いがうまく表現できなくてごめんなさい。夏菜ちゃん、二人分の笑顔をありがとう!二人分のがんばりをありがとう!二人分の感動をありがとう!また来ますね。
Commented by miki at 2009-08-26 10:14 x
この写真の女性は千里ちゃん?今と全然違うけど、お姉ちゃんに似てますね。看護婦さんならピースはしないしね。
小さいけど、一生懸命生きようとしているのが写真から伝わってきました。
Commented by chisato-antares at 2009-08-26 14:36
ゆうきさんへ
そうですね・・・夏菜は二人分を一生懸命に生きています。同じ顔だったお姉ちゃん。夏菜はお姉ちゃんが生きてこれなかった分もがんばるのでしょうね。今は5人家族ですが、いつももう一人がいます。きっと絵美が生まれていたら兄ちゃんの取り合いになるだろうね~と言っています。3人兄弟であっても・・・みんなもう一人をいつもちゃんと覚えてくれています。
Commented by chisato-antares at 2009-08-26 14:38
mikiちゃんへ
私で~す!25歳のころかな?若いな~^0^小さいからこそ生命力が強いんだと友達に言われたっけな?今でも少々小ぶりだけどそこが可愛いと思っています~
Commented by ゆっきー at 2009-08-26 14:39 x
千里さんの気持ちが手に取るように伝わってきました。
早く自分の腕に抱き、世話したかったでしょうね。
夏菜ちゃんは本当に頑張り屋さん!
千里さんとだんなさんの血を引いたからですね。

私も子供たちのこと、もっと抱きしめてあげようと思いました。
生きてくれているだけで、親は幸せですもんね~
Commented by halutarou at 2009-08-26 14:47
日記を読んでいるとCHISATOさんの夏菜ちゃんへの思いが伝わってきて・・・切ないくらい・・・
CHISATOさんの愛情がいっぱいあふれてる。

夏菜ちゃんを抱きしめてずっとずっとそばにいたいんだろうな。


Commented by chisato-antares at 2009-08-26 16:14
ゆっきーさんへ
なかなか退院の許可が出なくって、毎日の面会がとても辛いようなでも嬉しいようなと複雑な気持ちのときもありました。ちゃんと私たちがわかるのだろうか?上の2人のように目で追ってくれるのだろうかって。でもちゃんとわかるんですね!でも・・・私よりお兄ちゃん派の夏菜くんでしたよ(笑)いまたくさ~ん抱っこしてあげています!うんうん!幸せですね!
Commented by chisato-antares at 2009-08-26 16:17
halutarouさんへ
15分面会は短くっていつもそれ以上いました。さすがに20分以上経つと「面会時間すぎましたよ」と言われちゃったけどね。実は保育器に入っているときのほうが夏菜に触れたりできたんです。毎日かわいいほっぺたを触っていましたよ。24時間分の愛情をを15分間で注いでいました!今も愛情をたくさん注いでいます~
Commented by 葉月 at 2009-08-26 21:56 x
夏菜ちゃんは、一人で二人分生きていると
いうことなんですね
本当に小さかったのね・・・
ここまで成長されたのは、chisatoさんの
愛情とご家族の愛情があってのことですね



Commented by ぴーたん at 2009-08-26 23:22 x
夏菜ちゃん。小さいけど、かわいい~~♪
がんばって、大きくなっているという実感がありますね!!
目のこともほんとうに、心配だったでしょうね・・・(_ _。)
Commented by chisato-antares at 2009-08-27 06:55
葉月さんへ
最初にあった時はもっと小さいと言うかお肉がほとんどついていなかったので「本当に大きくなるのかな?」と思ったけどちゃんと大きくなってくれました。やっぱり子供は可愛くって愛おしいですね。もっともっと大切にしようと思いました。
Commented by chisato-antares at 2009-08-27 06:57
ぴーたんさんへ
小さくてもちゃんと人間なんだ~!と馬鹿な考えをしていました。目のほかにも色々あって・・・とっても心配ばかりしていた数年間でした。
名前
URL
削除用パスワード