優しい心・・・ありがとう

こんばんは!今日は仕事の後に喘息の病院に行ったので「かかぁ殿下柿」の写真を撮る時間がなかったんです~朝たくさんの柿から「わたしっぽい(?)」柿を決めて
「今日からあなたはかかぁ殿下柿ね!」
と命名しました。さてさて、この柿をみんなで食べごろまで一緒に見ようね~水曜日から雨が降るらしいので少々心配です。なにしろ軒下ではなくベランダにぶら下がっている状態ですからね~でも雨に濡れないようにしていますが・・・ちょっと心配です。

夏菜が高速道路を出ると悲しい顔になると昨日お話ししましたが、その話にはちょっとした続きがあるんです。
だんなさんはここ最近よく子供たちの顔を見ているようで…私にはまったく気が付かなかったんですが、そこら辺が男親と女親の違いでしょうか?

「長男の顔が夏菜と話している時と、そうではない普通の時、違うんだよ」

「ええ?どう違うの?」

「夏菜と一緒の時は小さいころと同じ顔になるんだよ。夏菜が一緒でない時は大人の顔になるんだよ。」

「どんな顔なの?よくわかんないな~」

「子供のころのかわいい顔になるんだよ。」

「今だってかわいいじゃん!(親バカ!)」

「違うよ。夏菜といると心が落ち着くんだろうな…すごく…なんというのかな?『宝物』を見ているようなうれしそうな顔なんだよ」

「ふ~ん・・・そうだね。言われてみると夏菜が布団で寝ているとすぐに隣に転がってうれしそうな顔するもんね。なんでだろう?落ち着くのかな?」

「あいつの『宝物』なんだよね。夏菜が。夏菜がいて今の自分がある。夏菜がいるから生きることが楽しんだろうね。」

「そうだね、ま~ちゃん、小さい時から夏菜のことかわいがっていたからね。もちろんり~ちゃんもそうだけど、ま~ちゃんは何か違うんだよね~」

兄ちゃんは本当に顔が違う。ブログの写真を見てもわかる。すごく優しい顔になっている。
普段から兄ちゃんはあまり人に対してきつくないけど、夏菜に対しては本当に親としてありがたいと思うくらいです。いつか自分が夏菜から離れるときが来る。その時まで、たくさんたくさん・・・いっぱいいっぱい・・・測りきれないくらいの愛情を注ごうとしているのだろう。私と兄ちゃんは夏菜が生まれてから一緒にいる時間が長かった。特に兄ちゃんはずっとベビーベッドのそばであやしたり、どこに行くのも一緒だった。

今日、ちょっと聞いてみた。
夏菜が入院してから兄ちゃんと夏菜の部屋はずっと兄ちゃんが一人で使っているので、今後どうしたいのか聞いた。

「ねえ、ま~ちゃん。夏菜くんが退院したらお部屋どうする?一人部屋が欲しいかな?」

「今までいいよ~夏菜くんの担当は僕ですから!」

夏菜の面倒を全く「苦」になっていないようだ。

「だって、夏菜くん、かわいいからね。特に寝るときがかわいいんだよね。ほっぺが膨れるんだ。夏菜くんの面倒は当然のことだからね!」

優しい・・・じ~んときた。夏菜、いいお兄ちゃんがいてよかったね。

「夏菜くんがいるから僕がいるんだよね~」

違うよ。ま~ちゃんがいて夏菜が夏菜でいるんだよ。

でも夏菜がいるからま~ちゃんが『ま~ちゃん』なのかな・・・そして『り~ちゃん』になったんだろうか。

この入院で兄弟たちはお互いの存在をより大切に思うようになったような気がします。
本当に馬鹿だけど・・・でも親としてこの長女、長男・・・そして夏菜に感謝したい。
私を「お母さん」として選んでくれてありがとうって!!!

これから辛いけど夏菜がいることでなにか弊害があるかもしれない。
どうしても兄弟に「障害者」がいると結婚を反対することが多い。
小さいころから上の2人には話していた。
「夏菜がいるために将来自分の希望通りにならないかもしれない。でも夏菜を責めないでね。」
最近、この意味がわかってきた二人。
「大丈夫!いい人探すよ!任しとき!」
姉ちゃんはこういう。
兄ちゃんは、何も言わないけどわかっている。
2人の夏菜への愛情を再確認してますます2人の優しさに感謝する私。

5年後、10年後…どうなっているのだろうか?
今から心配しても仕方がない。
今だけを見ないとね。
優しい心を持っている子供を持った私は幸せだなと、また2人に感謝できる私は幸せだなと思った。
親として本当に嬉しい!
お母さん、これからも失敗だらけだろうけど、どうぞお母さんをよろしくね。


    ***今日・・楽しかったこと、嬉しかったこと
                あと・・・思ったこと、考えたこと***


明日は母と出かけます。夏菜が入院してから出かけると言っても駅のそばまでが精いっぱいだったけど、今回は有楽町や代々木に行きます。代々木は病院なんですが・・・睡眠の方のね。

昨日、今日と自分の子の優しさを感じた。

はたして私は母にとってどんな娘なんだろうか?

私も子供たちのように母にとってそうなんだろうな・・・

もっと母を、父を、まただんなさんのお母さんを大切にしたいと思った。

子供としてこれしかできないことだから。

いつまでたってもわたしは母にとって「大事な子供」なんだもんね。

明日は一緒に楽しもうね!ばぁばちゃん!大好き!


    私の宝物たち!輝け!
e0166032_219924.jpg
いつまでも仲良しさんでいてね!

e0166032_2119553.jpg
e0166032_21193236.jpg
e0166032_21195130.jpg


またスキーに行きたいね!今年は行けるかな?3月になれば行けるよね!


いつも応援ありがとうございます(^^ゞランニングに参加しています~(^_^)v
ポチッとお願いしますね!(^^)!明日も楽しく過ごそうね\(^o^)/By-千里

人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 主婦日記ブログへ

by chisato-antares | 2009-11-09 21:25 | Comments(12)

Commented by ゆうき at 2009-11-09 22:03 x
夏菜ちゃんを見守るお兄ちゃんの瞳、慈愛に満ちています。
もちろんお姉ちゃんも。3人の姿に教えられることたびたびです。
夏菜ちゃんが夏菜ちゃんでいられるのも、お兄ちゃんがお兄ちゃんでいられるのも、お姉ちゃんがお姉ちゃんでいられるのもそれぞれの存在があってこそなんだと思います。

スキーにいった時の写真、三人ともすごくいい笑顔をしていますね。
また、みんなでいけるといいですね。

ちーちゃんっぽい柿ってどんなんだろう?
興味津々です。ぜひぜひ見せてくださいね。
Commented by yumi at 2009-11-09 23:19 x
私は一人っ子だったから・・いつも兄妹がいる人がうらやましかったな・・。ウチの子は男女の兄妹。でも男女一人づつだと、仲よくならないかも・・・と思って本当は3人欲しかったんだけど・・・そんなときにアキレスケンを(左)を切っちゃって諦めたんだよね。でも・・・オハイオに来たことで二人で遊んだりつるんだり・・・。きっと、日本に居たらココまで仲良くなかったかも・・と思うよ。むつみは優太がすきらしいから・・・。
お姉ちゃん、お兄ちゃんは自分達が結婚するときよりも、夏菜ちゃんが結婚するときのほうが複雑かも・・・ね。
子供達は日々成長。私達は見守りながら上手に子離れしていかないとね。
Commented by ぴーたん at 2009-11-10 00:27 x
夏菜ちゃんがまた、また遊びに来てくれました!!
ありがとうーーーヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
それにしても、今日のブログは、じ~んってきました。
ほんとに、なんて優しいお姉ちゃん、お兄ちゃんなんだろうって。
私も、こんな素敵な家族がいたら、心強いだろうなって思いました。
ほんとに、兄弟3人いい子達!宝物ですね~。

ドーナツの写真がふわふわで、とってもおいしそーでした!
Commented by chisato-antares at 2009-11-10 08:23
ゆうきちゃんへ
おはよう!今日はこれから映画を観に行くんだよ~かかぁ殿下柿は「でかい」「ず~ず~しい」というのがポイント!しかも「根性」がありそうなものです!今日のブログで紹介しますね!
スキーはみんな大好きです。夏菜も主人がだっこして滑るんですよ。でもさすがに体重は軽いけど身長が伸びてもう難しいかもね。でも雪が大好きだから滑らなくても行きたいようです。受験次第で旅行やスキーができるんですがプレッシャーにならないように「行けたらたね~」と話しています。
Commented by chisato-antares at 2009-11-10 08:27
yumiちゃんへ
むっちゃんはゆうたが好きだよね~ゆうたも夏菜のことをかわいがってくれていたんだよね~「夏菜~!」って学校でよく声をかけてくれました。なので夏菜も優太が好きです!兄ちゃんの友達で夏菜のことを「障害者」扱いしないで、友達の妹としてかわいがってくれたのが優太と豪だったね。あと長さんもよく声をかけてくれていました。長さんは優太に聞けばわかるよ~とってもかわいいわが子たちですが、私から離れる前に自分たちからどんどん離れて行きましたね…
どうしても親の意見が聞きたいときだけ相談に来ますが上の2人はよく相談しあっています。あ~子育てって楽しいけど大きくなるとさびしいですね!
Commented by chisato-antares at 2009-11-10 08:31
ぴーたんちゃんへ
兄弟の良さはいろいろですね。兄弟がいる方がいい時もあるし、一人の方がいいと思う時がありますが、今は3兄弟でよかったと思います。はやり家族を多いといろいろと大変ですが「なんとかなること」と思っています。夏菜も兄弟がいてここまで成長できました。ありがたいですね。
ドーナッツは美味しいです!ぜひ作りたまえ~!!!パン生地を1次発酵後そのまま型抜きしてあげるだけ!簡単でしょう!イースト生地の方が個人的には好きですね。もちろんベーキングパウダー生地もいいけど、もっちりするのが好きなんです~
Commented by M.K. at 2009-11-10 21:28 x
温かい良いご家庭ですねー。 ブログを読んでいて涙が止まりません。 
Commented by HALU at 2009-11-10 21:56 x
こんばんは。
ジーンときました。。。
本当にあったかくて優しい子供たちですね。
夏菜ちゃんはみんなの宝物なんだ。。。
我が子の優しさに触れた時って、とても幸せな気持ちになりますね。。。
Commented by sakuraちゃん at 2009-11-11 15:04 x
こんにちは。

ここ暫く忙しくてごめんなさいね。やっと来られました!
スキーにもう行ってきたのかと思ったけれど、これは前の写真
だったんですね。楽しそう!私も長い事行っていないな~

障害をもった妹がいると、他の兄弟は思い通りにならないかもしれない
といつもお姉ちゃんや、お兄ちゃん達に言い聞かせていたとは。
そう思うのは当然かも知れないが、chisatoさん思い過ごし??かもよ。
私もchisatoさん所と同じタイプの家族を知っています。そしてそこのお姉ちゃんも
一生障害をもった妹の面倒は、自分が見ると言っていましたが、お母さんは
それを説き伏せて、自分の行き方を見つけるようにと言っていました。
そして、結婚もちゃんと妹の事を話して、判った上で結婚しましたよ。
chisatoさんの心配もわかりますが、大丈夫ですよ。お姉ちゃんにしても、
お兄ちゃんにしても、優しい兄弟だから安心してみていられると思うよ。
優しい子供たちを持てて幸せですね。もっと!!子供を自慢してあげてね。(^-^)
Commented by chisato-antares at 2009-11-11 16:01
M.K. さんへ
家族って大切ですね…夏菜のような障害児がいる家庭は大体がみんな「宝物」のように大切にしていますね。福祉とは福子(ふくし)とも書くそうです。福子は障害者のことを言うそうで、障害は「福」を持ってきてくれるそうです。夏菜はまさに「福子」ですね。
Commented by chisato-antares at 2009-11-11 16:02
HALU ちゃんへ
お互い子育て大変だけどそれ以上の何かを子供たちから受け取っているよね~見えないもので、心の奥に届くものなんだろうね。
Commented by chisato-antares at 2009-11-11 16:05
sakuraちゃん へ
あまり難しく、でも甘く考えないようにしています。
私は3人がどれぞれ自分の夢を持って進んでほしいと思っています。きっと幸せは3人にも届くよね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード