かかぁ殿下ちーちゃんのつぶやき

ctrmk.exblog.jp

ご訪問ありがとうございます  平凡な日々の中、楽しいことや思ったことを綴ったブログです     

蔵王温泉旅行 Part 3

日曜日~朝5時半に起きて、あ・さ・ぶ・ろ!!!♨
だ~れもいないお風呂で歌を「ふんふん」歌いながらはいったら、姉ちゃんが来た!
「ばぁばちゃん声をかけたけどまだ寝てるって~」
2人でちゃっぷ~ん!
夏菜も連れて行きたいけど、朝は寒いからお休み~
兄ちゃんとだんなさんも入りたいと言っているので、早めに出てきました。

部屋に戻るとまだ夏菜すけは寝ているzzz
その間、兄ちゃんたちが温泉に入りに行きました。
まだ朝食まで時間がるのでちょっとごろごろ~
e0166032_5533774.jpg


7時半、朝食~我が家では考えられない(笑)純和風の朝食です❤
e0166032_5545320.jpg


しっかりご飯を食べて…山寺に行く準備をせっせとしました。
窓から見える蔵王の山たち。
e0166032_556399.jpg


e0166032_5565970.jpg


e0166032_5572114.jpg


山頂には雪が見えます。私たちが来る前には雪が降って結構積もったようでしたが、土曜日からお天気で融けてしまったそうです。でも空気がとっても新鮮というのでしょうか…美味しい!
でもよ~く深呼吸をしていると「卵の腐ったにおい」がする~温泉の香り!


チェックアウトをして、「山寺」へ!車から見えた景色をお楽しみくださ~い(●^o^●)
e0166032_612027.jpg


e0166032_6125448.jpg


e0166032_6131974.jpg


テントウ虫!大きなテントウ虫を飾っているお家を発見!


走ること、1時間弱。到着です。
山寺では、まず!舗装されていない、石でごろごろ、最後に全部が階段!

なのでだんなさんが背負って登ることになる。
e0166032_6161220.jpg


寒いので暖かい恰好でさて階段へ行くぞ~!
e0166032_6172591.jpg


夏菜寒くな~い?大丈夫!
e0166032_6181128.jpg


みんなでお参り、兄ちゃんはじっくりと石碑を読む…
e0166032_6191319.jpg


e0166032_6193750.jpg



しばらく歩くと、突然。
「僕がおんぶする」
といいだした。
「え~!?大変だよ。とちゅうからお母さんがするから、大丈夫だよ」
「大丈夫。僕の方が鍛えているから登れるよ。夏菜くんおいで!」

ひょいっと夏菜をだっこした兄ちゃん。
e0166032_6214970.jpg


「ま~ちゃん、ありがとう」夏菜が私を見てうれしそうに笑った
e0166032_6224995.jpg


私が先頭になり、みんなに進む…階段までは兄ちゃんが夏菜をだっこして進んだ。
e0166032_6241333.jpg


さて、階段だ!猫が「気をつけてね」と言っているようです。
e0166032_6252187.jpg


どうしても背負っていると前に人に気をつけないといけないので、私が必ず先頭。
段差がある場所は「段差が高い」とか「ちょっと崩れている」とか真下が見えにくいので、チェックしながら進む…
e0166032_6273494.jpg


e0166032_6281748.jpg


「お父さん、僕がこんどおんぶする。」と言って軽々と夏菜を背負う。
あんなに小さかった兄ちゃんがとっても大きく見える。
「ま~ちゃん、ありがとう❤」
e0166032_6302067.jpg


「疲れた」ということなく、どんどん進む…
「ま~ちゃん、ここちょっと狭いよ」
「わかった」
何度も危険個所を言って進む…

まただんなさんに交代。
でも兄ちゃんは、軽くストレッチをして次の交代の準備をしている。

「僕は夏菜くんのお兄ちゃんですから~」
とよく言う兄ちゃん。私たちは夏菜の面倒を押しつけることはしないようにして来ました。
将来、夏菜の面倒をみることも「できたらでいい」と言って、なるべく兄弟には「あなた達の妹だから絶対見なさい!」とか言わないで、自分たちが生きている間はちゃんと面倒をみるけど、もし、自立が難しい状態だったとしても、その時は何か方法を考えてるから。その代わりに私たちの全財産は夏菜に残すからね。ごめんね。
と言って夏菜の面倒を兄弟の負担にならないようにして来ました。

でも誰も言っていない。
夏菜の将来がどうなるか・・・不安がたくさん。
でもそれを兄弟に押し付けてはいけない。

でも、兄ちゃんは「僕の妹」だから義務ではない、当たり前なんだと言う。
だから背負って登るのなんて当たり前なんだ。

途中でこんなことを言われた。

「いいね~おじさんもお兄ちゃんに背負ってほしいな~楽していいね。」

カチンとくる。夏菜だって自分で歩ければ階段を登るんだよ!
貴方はできるでしょう。できない人に対してなんて言うの!


「夏菜くん、いいんだよ。気にしないで。進もう。楽しもう!」
兄ちゃんが他の人が言った言葉に夏菜が傷つかないようにそっと言う。
「もう!駄目だね!なんでかわからない人なんだよ!」
姉ちゃんが、口をそろえて言う。
「ふ~んだ!夏菜くんの可愛さがわからない人だね~いいもんね!」

その人にはなんで背負っているのかわかりはしないけど、でもこのくらい大きくなった子を背負っているということは何かあるんだと、考えられないんだろう。でも多くの人が「なんで?」という目で見ることが多い。
杖をついて歩いている若い人がじろじろと見る。

「あんなに大きいのにね~」

中にはこんなことも言う人のいる。
でも「理由があるんだろう」と思うことはないんだろう。
多くの人に知ってて欲しい。
ちょっと「あれ?」と思うことがあったときに、それには何か理由があるということを。
「甘やかせているのではない」
それを理解してほしい。


途中から厚くって、上着を脱いで登った。山頂まであともう少しだけど、でもこれ以上登るのはやめた。
私もあまり息を切らすと薬で落ち着いている喘息が心配だから。心臓がドキドキしやすいから景色がよく見えるところまで登ることにした。
途中で休憩。でも兄ちゃんは疲れたとは言わない。それよりも
「夏菜くん、疲れない?大丈夫?」
「うん。ま~ちゃん、重かったでしょう…」
「軽いよ~僕は弓道をやっているから夏菜くんなんて軽いよ~楽勝楽勝。気にしたら駄目だよ~」

兄弟の会話を聞く。

うんうん・・・いい兄弟だね。

e0166032_6572398.jpg


あの見えるところまで行きたいけど、ここまでにしました。清水の舞台みたいですよね~
e0166032_659217.jpg


景色のきれいなここで終わり。充分登ったもんね。
e0166032_6594532.jpg


e0166032_701934.jpg


この急階段を登ったのは兄ちゃん。すごいね。たくましい!
みんな「はぁはぁ」言っているのに、自分のリズムに乗って歩いていたらしくそんなに疲れている様子はないけど、でもきっと疲れているだろう。
「帰りはお母さんが背負っていくからね!」
「大丈夫!僕の方がしっかりおんぶできるから。お父さんと交代しながら進むよ」
帰りも背負って降りるつもり。
兄ちゃんに託した。

お山の上から見える景色はきれいなうえ、面白い岩などがあった。ここで30分以上、じっくりと休憩を取りました。
e0166032_745976.jpg


e0166032_752946.jpg


e0166032_765829.jpg


もうちょっと上に行こう!と言って兄ちゃんがまた登った!休憩したことろから見えるある場所に夏菜を連れて行きたいそうだ。しかも走るように登った。
e0166032_78489.jpg


登りついて、夏菜を私に預けて上から立って見つめる兄ちゃん。何を考えていたのだろうか…
e0166032_795923.jpg


2人で何を話しているのだろうか…
e0166032_7104646.jpg


夏菜と2人で景色がよく見える場所で休憩。
e0166032_7121940.jpg



「手が冷たいね。温めてあげるね。」
と言って夏菜の手を温めている姉ちゃん。
e0166032_7144572.jpg


「ありがとう、り~ちゃん❤」
e0166032_7154556.jpg


e0166032_7162046.jpg


3人で記念撮影
e0166032_717483.jpg



行きはよいよい、帰りは怖い。
ゆっくりと階段を降ります。
私は先頭を歩き、通りすがる人に
「すみませんが、おんぶして降りています。ご協力お願いします。」
と声をかけて行った。どうしても横に広がって登る人が多いので、協力を頼んだ。
中には嫌な顔をした人もいた。でも中には
「きをつけてね」
と、励ましてくれた人もいた。なのでだんなさんと兄ちゃんは声援を受けて頑張ってくれた。
e0166032_7205961.jpg


最後の一段をジャンプ!
e0166032_721413.jpg



お疲れ様でした!懐かしいビンのコーラが売っていたので「ゴクリ、ゴクリ!」
e0166032_723999.jpg



大変だったけど、すごく良かったです…
兄弟の良さを、ありがたさを感じた「山寺」でした。
e0166032_7252758.jpg




e0166032_7262096.jpg



e0166032_7264922.jpg




続きはこの後で・・・最後のPart 4 で温泉旅行のお話は終わりです~

       Part 1~2 はこの下です!   



     ↓↓↓↓↓↓↓↓  この下よ~  ↓↓↓↓↓↓↓↓ 




ラストは山形県で美味しいと言われているお蕎麦屋さんと蔵王の馬喰なべ~食べ物三昧です~\(^o^)/By-千里
人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村 主婦日記ブログへ

Commented by ai at 2009-12-01 15:37 x
夏菜ちゃんは、家族の喜びになっていますね

Commented by chisato-antares at 2009-12-01 18:08
ai さんへ
そうですね。夏菜はみんなに大切にされて、また家族の喜びです。夏菜が何かできるようになるとみんなで喜んで、すぐに「お祝いだ!」と大騒ぎです。我が家が仲良くできるのは夏菜の澄んだ心のおかげだと馬鹿な母は思っています。常に夏菜に感謝です。
Commented by ゆうき at 2009-12-01 21:18 x
読んでいて、ウルウルきちゃ今いした。
今、ディスプレイが霞んでいます。
夏菜ちゃんがいるからこそ得られた感動であり歓びであり幸せなんですね。

色々なところを観光していると障害がある方と出会うことがあります。
道を開けるとか、困っている様子だったら声をかけてみるとか、私に出来ることをしようと思います。
Commented by chisato-antares at 2009-12-01 21:33
ゆうきちゃんへ
夏菜がいて初めて「我が家族」ですね。障害があると大変なことだらけですが、でもその中で「生きるうちに何が大事なのか」ということに気が付きました。だから我が家はみんな夏菜に感謝しています。
もちろん「よい子」というのかはわからないけど、私の子にしては満点をつけてあげたくなる時があります。
このブログを通して多くの人に障害者を理解してほしいと思っていました。ゆうきちゃん!見っけた!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chisato-antares | 2009-12-01 07:34 | かかぁ殿下一家の旅行日記 | Comments(4)

ご訪問ありがとうございます  平凡な日々の中、楽しいことや思ったことを綴ったブログです     


by ちーちゃん