かかぁ殿下ちーちゃんのつぶやき

ctrmk.exblog.jp

ご訪問ありがとうございます  平凡な日々の中、楽しいことや思ったことを綴ったブログです     

昨日のこと

 
昨日のブログにコメントありがとうございます

実は今日、知り合いに昨日のことを話したら

「お母さんに話しができないような状況を作っているんじゃないか」と

夏菜への接し方が悪いようなことを言われてしまって…ちょっと落ち込み中

確かに私は怖い母だと思いますが…夏菜が言えなかったのは私が怖すぎて

話せない状況だったのか?いつもそうなんだろうか?

夏菜本人に直接「お母さんが怖くって話せなかったの?」と聞くべきか…

私はどの子にも同じように「しつけ」をしてきた

夏菜だけが特別はいけないと何かあったときは上の2人と同じように

時には廊下に出して「ちょっと反省しなさい!」と言った時がある

夏菜は自分でなかなか言わないことが多い

これはいけないといつも言ってきた

人に何かを頼むとき、危険があるとき家族がいなくても言えるように

「自分のことはこの口でちゃんと伝えなさい」と小さい時から言ってきた

言う時ももちろんある

でもなかなかいいだけない時が多い

だからこそ、昨日は伝えることの大切さを教えないといけないと思った

私がいけないのだろうか

知り合いが言うように「言えない状況」を作っているのだろうか



あるとき、子供が怒られているのを見ると

「何をしたんだろう?」とか「そんなに怒らなくても」と思う時がある

他人から見ると本心がわかりません

「しつけ」とはみんな一緒ではない

なので私は『それぞれ家庭のやり方があるので変に憶測しない

特にしつけに関しては意見を言わない』と思っている



私の夏菜への対応が悪いのだろうか

いろいろと頭に思いがめぐる…


このブログの後に今日のブログをまた更新します   千里
by chisato-antares | 2010-07-30 20:53

ご訪問ありがとうございます  平凡な日々の中、楽しいことや思ったことを綴ったブログです     


by ちーちゃん