「お休み」と「家庭」を熱く語りました

こんばんは001.gif今日は5月6日006.gif

あと2日でゴールデンウィークが終わります

子供のころからこの連休が楽しみだったな~

以前は5月4日はお休みじゃなく、また土曜日も学校や会社もあったので

4日が土曜日になる年や3日、5日が日曜日で月曜日が振り替えになる年が楽しみだった

ちょうど、進級して疲れが出る5月の初め

ちょうどよくお休みがあるのは子供心に嬉しかったな037.gif

また私が通っていた小学校は9月8日が創立記念日だったので

当時は9月8日、15日(敬老の日)、22~24日(秋分の日)、10月1日(都民の日)と

毎週お休みがあったんですよ041.gif

数年前から「Happy Monday」になり敬老の日などは月曜に変わってしまったけど

個人的にはやっぱり「Happy Monday」よりむか~しのように

1月15日、7月21日(海の日!)、9月15日がいいなと思ってしまうの

なんでって、単純です!

1月15日は姉ちゃんの誕生日の前の日だった

7月21日は結婚式を挙げた日だった

9月15日は亡くなったおばあちゃんの誕生日だった


夏菜と6年間学校に通った私はこの月曜日対策が大変だったことを知っている

例えば音楽のように1週間に2時間くらいの授業が月曜日になってしまうと

他のクラスと比べて減ってしまうのです

実際は7月はお休みになってしまうので2回ですが他にも運動会の振り替えだったりで

月曜日がお休みになることが多いのですよね

もちろん、ほかの祭日が日曜日になると振り替えになるわけですから

学校の時間割は月曜日に何を入れるかで大変そうでした

そうそう!絶対図工や家庭科は月曜日になることはなかった!

だって図工や家庭科は2時間続きで週に1回くらいだったもんね

やはり子供は図工は好きな子が多かったと思うので

先生たちも大変だったと思います045.gif


こんなお休みのことで馬鹿らしく長くお話ができる私って本当に何者なんでしょうね

要するに「お休み」が好きだったわけですね…044.gif

小さい時、休みの前の日はわくわくして夜が眠れず

またお休みの最後の日の夜は一人布団の中で泣いていたこともあった

なにが悲しかったんだろうと今はすごく不思議だけど

でも「もうお休みが終わってしまう」と思うだけで泣いていた

「ふふふ!私って小さい頃って本当にバカだったな~」って思う

でも当時の千里はお休みが好きだった

学校が嫌いだったわけじゃなく

友達がいなかったわけじゃない

ひとつ、今分かっているのは「家族と居られる日だった」お休みで

末っ子だった私は「お母さん」っていつも母に甘えていた

また父にも甘えていて「ちーやん」といつまでも膝の上に乗せてもらっていた

要するに私って甘えん坊で家族に甘えられるお休みが好きだったのだろう…

なんて言う甘えん坊なんでしょうね021.gif

夏菜も同じ末っ子だけど、はっきり言って私よりしっかり者である026.gif


でも甘えん坊だった自分はすごく幸せ者だったと思う

お父さん、お母さん、お姉ちゃん、かおちゃんが大好き

いつまでもずっと5人は一緒なんだって小さい頃は思っていた

「千里は幸せな家庭で育ったんだよ」とだんなさんがよく言った

そうだ、私はとても幸せな家庭にいたんだ

そして、今また私がそうだったように自分の子供たちが「家族が好き」と思ってもらえるような

そんな家庭を築いてきたつもりです

「お母さんってちょっと変だけど好きだな~」って長女が言う

「うちってお母さんやお父さんとよくしゃべる方だよね」って長男が言う

「家が好きなの、みんなが大好きなの」って夏菜は言う


うんうん!大変なこともあった、辛いこともあった

でも私の人生はすごく生き生きしてて楽しい

生きていてよかったな~と毎日を存分に楽しむことに一生懸命で

ドジをしてもまた明日は明日の風が吹くと気ままに生きている


今、正直心に重たくのしかかることがある

誰でもあるんだと思って、この重いものを頑張って持ち上げて前に進もうと思う


いや~今日はすごくまたもや重たい内容になってしまいました

明日はちょっと用事が満載で報告が遅くなるかもです!

または2回に分けての更新かもですね

では今日は長いお話しにお付き合いしていただきありがとうございました

ああ!写真を撮ったんだっけ?

まとめてアップしちゃおうね061.gif

e0166032_18515180.jpg


姉にプレゼントしたパンダちゃん

あまりにもかわいくって夏菜にも買ってしまったよ

小さいパンダちゃんは5年くらい前に誕生日にプレゼントしたパンダちゃんです←親子みたいでしょ

e0166032_1849982.jpg


新しい眼鏡ができました

e0166032_18495480.jpg


ぎりぎりフレームからレンズが収まりました…








手をつないで…みんなの力を合わせてこの困難を乗り越えましょう

明日は必ず来ます!みんなでまた素晴らしい日本を作りましょう!

一人ひとりの心がけが大きなものに変わります!

節電を心がけましょう!買いだめはしない!みんなで復興へ前進しましょう!



前向きに生きていこう!がんばれ!東日本! 



人気ブログランキングへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 主婦日記ブログへ

by chisato-antares | 2011-05-06 18:51 | Comments(3)

Commented by ゆうき at 2011-05-06 22:06 x
お休みの最後の日の夜は一人布団の中で泣いていた・・・・・。
私と同じだ。私も学校が嫌いだったわけじゃないけれど、休みが終わってしまうのがすごく寂しかった。私は長女だけれどおばあちゃん子だったからね。

「家族が好き」そう思えるってすごく素晴らしいことだと思います。

明日は忙しい一日になるのかな?
怪我したり体調を崩したりしないよう気を付けてね。
Commented by M.K. at 2011-05-07 00:35 x
千里さんはご家族に愛されて、愛されてお育ちになったことは何時も感じていますよ。 私なんか特に厳しい親や環境で育ちましたから。 時代的にもそうだったように思います。私達の頃は何と云っても戦争がありましたから。 

戦前、戦中、敗戦、とその後の長く貧しい時代があったわ。 戦後の復興で社会全体が大変だったの。 食べ物や物資がない時代でした。今からは想像出来ないような時代でした。 

東北の被災地の映像を見ると、戦後の焼け跡を思い出します。あの時とそっくりです。 行政や、増して外国からの援助なんか何にも無かったし、焼け跡に掘建て小屋を建ててトタン板を屋根にして暮らしていた人が沢山いました。私達は田舎に疎開していて、学童疎開していた姉や、兄とは離れ離れでした。 家族が一緒に暮らすことはとても大切ですね。
Commented by hiromama at 2011-05-07 19:23 x
我が家の息子…
昨日は休み明けで、ぶつぶつ言いながら学校に行きました(^-^)
大人の私も会社行くのやなんだから仕方ないかな…
学校の時間割あまり気にした事なかったけど先生たちも苦労して決めているんだね!!
家族のだんらん!!
私の家は家族揃って夕食たべていました。父が残業の時今のように携帯電話なかったから、時間決めてそれまでに帰って来なかったら先に食べていました(^^)
なので、今でも出来る限り家族揃って食べるようにしてます。
食べながらその日にあった事話しながら♪
来年からは息子が中学生になるからなかなか時間あわなくなるかな…
名前
URL
画像認証
削除用パスワード