なくしてしまって

こんばんは、

実は昨日のことです

兄ちゃんが携帯電話をなくしてしまいました

それはそれはいろいろと大変で警察に届けたりしてね

で、本日携帯電話の会社に行ったところ保障に入っていたのですが

昨日いろいろと説明を受けていたのですがもう頭がパニックになっていて

使われているかも…と不安でいっぱいだったので

「保障」のことにはまったく触れられることなく機種変となりました

某会社の言い分としては昨日インフォメーションセンターで説明したので

もう確認は完了となり「保障制度」を利用しないという判断

なのでこちらには落ち度は全くないというのだ

でもものをなくしてしまったとき、さて冷静に物事をきくことができるだろうか

震える手で書き留めていたけどたぶん頭は真っ白だったと思う

自分だったら絶対「ひえ~!」と何を言っているか理解できないと思う

でもたった電話の1回の説明で完了だそうです

5250円で本来なら新しく交換と言うことになるはずだったのに

なんと3万円以上もして、さらに機種変の手続き代として2100円も払うことになった


あまりにも不親切だったのと対応をした社員が訳が分からない人で

質問しても答えられないくらい

「拾った人が利用したか調べてほしい」と言ったら

「*モードの利用履歴がありますが料金はわかりません」と言う

本人の携帯なので知る権利があるだろうと言っても

「9月6日までわかりません」と言うのだ

でも結局携帯会社サイトの自分の携帯のページから調べられることが10分後にわかり

家に戻ってから調べたら特に使われていないことが判明した


今回の紛失であれこれといくらかかったかと言うと

機種変で携帯代金が3万円(値引きして)、事務手続き代2100円

よくわからないサイトの登録代金(入ると携帯代金割引と言うもの)1500円以上

そのサイトを外すのにかかったパケット代金2000円

あまりにも高いので携帯代金は2年の分割にしたので

実質1か月900円くらい携帯の代金を払うことになった


もうちょっとお客様にやさしい会社だと思ったのにね

「説明をしたのでこちらには落ち度はない」と

でも「説明不足で申し訳ありません」の一点張りで

ちゃんと人の話を聞いているのかわからないけど「申し訳ありません」ばっかり言うのだ


落としてしまったり、手続きが思ったことと異なってしまったことはもういいけど(ふん!)

一番腹が立ったのは携帯の頭金と言って

1万円を払った時だった

カルトンにぴらぴらの1枚の1万円札をそのままカウンターに置いたまま

席を立とうとしたのだ

「ちょっと!お金を受け取ったのになんなの!」と文句を言った

どんな事情があれ、お金を受け取った時はちゃんと

「**円、お預かりしました」とか言ったり

カルトンを一度自分側に下げるじゃないですか?

1万円をどう思ったのか、飛んでもいいとか、誰かがさっと取ってしまってもいいのか

空調でふわふわしているお札をそのままにしようとしていた

某会社はもっと社員教育がされていると思っていたけど

お金はそのままで平気な感じだったし

説明は1回で完了(聞いてもらったので理解したということになる)だし

10年以上のお付きあいだけどがっくりでした


8月の兄ちゃんの携帯の料金は一気に10倍以上になってしまったけど

いろいろと勉強になったと思う

なくして本当に大変だったのは兄ちゃんだったし一番不安な時間を過ごした

「ごめんなさい、もう携帯は持たない」と言ったけど

この世の中なかなか公衆電話も見つからず

物をなくしてはいけないのできちんと管理することも必要なので

持つことにさせました


ま、すっごく大変だったけどいい勉強になっただろうと思う


さて、私も気を付けようと思う

みなさんも気を付けてくださいね

あと保障サービスは1回のサポートセンターでの説明で完了で

自分から制度を受けると言わない限り

某携帯電話会社は店舗での説明は一切ありません


なくさないのが一番ですが

人間、完璧じゃありません

「絶対」なんてないと思います

でも某携帯電話会社さんは説明は1回で絶対だそうです!







060.gif ご訪問ありがとうございました060.gif 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ

by chisato-antares | 2013-08-23 23:51