記憶の箱の奥に~19年前の~

19年前、ちょうど長男が生まれて退院して1週間たった時だった

彼は生まれて時から夜早く寝て

1回くらい起きて授乳してまた4時間以上寝る子だった

朝5時半ごろ目覚めた長男はお腹が空いていてもすぐに泣くことなく

さてそろそろご飯かなと思っていたときニュースを見て驚いた

阪神で大きな地震が起きたという

まだ夜明け前で寝ている人が多く

また寒い真冬での大地震は多くの犠牲者を出しました

その日に友人の赤ちゃんが生まれて

「この日に生まれてきたんだから犠牲者の方の分も生きてほしい」と言っていた


あの日から19年経ちます


そして3月11日が来ると東日本大震災から3年経ちます


時は流れるように過ぎてしまい

「出来事」がいつの間にか記憶の箱の奥にいってしまう


ある時ふと「出来事」が目の前に現れて

「忘れてはいけない」と私に警告する


天災は忘れたころにやってくる


決して忘れてはいないのですが

記憶の箱の奥にいってしまう


19年前、もっともっとやりたかったことがあった方がたくさんいました

その人たちの分も生きている私たちは前進しないといけないと思う




  人気ブログランキングへにほんブログ村 主婦日記ブログへ

by chisato-antares | 2014-01-17 22:24 | 災害…みんなで助け合おう | Comments(1)

Commented by ゆうき at 2014-01-20 20:21 x
 19年経ったんですね。
あの日は、主人の仕事がお休みで、朝寝坊して、テレビを付けたら、ものすごい惨状で、ただただ愕然としました。
 
 忘れてはいけないあの日のことを。
今をしっかり生きよう、行きたくても生きられなかった人たちの分まで・・・・・肝に銘じてます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード