かかぁ殿下ちーちゃんのつぶやき

ctrmk.exblog.jp

ご訪問ありがとうございます  平凡な日々の中、楽しいことや思ったことを綴ったブログです     

今日はお休みしました

4月から原因不明の腕の痛みが

最近は手首中心になり、とうとう両手首が痛くなってしまった

ひねると痛いのとどうにもかったるい感じで

これで仕事をするにはちょっと不安があって

昨日のこともあったので絶対に失敗はいけないのです


「命をお預かりさせていただいている」


医療関係や介護関係、どんな仕事もそうですが

「もし・・・」があっては絶対いけないのです


朝起きた時から手首の違和感が今日はなかなか取れない

どうしよう・・・と思いながらシフト表を見るとお風呂介助に入れるスタッフがない

勤務先ではお風呂スタッフは1人で

あとはそれぞれのフロアから1~2人お風呂介助をするのです

なので全員で6人でお風呂介助をしているのですが

私たちのフロアはほかのフロアより入居されている方が少ないので

スタッフも半分しかいません

金曜日だけはお風呂担当のパートさんがお休みの日で

普段はわがフロアから1人お風呂に行くのですが

金曜日は2人行くことになっているのです


わかっていることだからこそ

ギリギリまで様子を見ていたのですが

自転車のハンドルも握るのがちょっと痛くて

握るというより押しながらの走行で会社に行きました

ちょうどスタッフルームで着替えていたら

今日のリーダーさんが着たので

「今日は手首の調子が悪くて正直仕事ができるかわかりません」とすぐに報告

「痛みは人それぞれだからね、ちょっと施設長に聞いてきます」と

今日突然ですがお休みできるか聞いて来てくれることになりました

最悪、デイルームで入居者様のお相手と

食事介助だけしかできない

トランスも排泄もとても無理な状態

普段は薬が9時ごろには効いて来るのでまだ痛みが取れない

「危険だな、今日は危険だ」と思っていたら

施設長から「どれどれ?」と手首を見に来てくれました

看護師でもある施設長なのでいろいろと相談できるので安心です

「腱鞘炎が悪化しているのかもね、今日は病院に行きなさい~」

と、いきなりのお休みだったのに

逆に心配してくださりました

そのまま勤務先の目の前がかかりつけの整形なので

受付だけして一度家に戻りました

1時間半以上待つというので

その間に銀行に行ってこようと思ってね

車の税金もさっさと払っておきたいし

1件振替することを忘れていたし

今日は25日が日曜日だから混んでいるので嫌だったけど

時間がある間にさっさと用事を済ませてきました


11時ごろに病院に戻って

順番が来たのは12時頃

症状が徐々に変化しているのを見て

一度「気のせいでは?」と言われたり

「気候の変動についていけないのでは?」とか

原因不明であっちこっちに移動する妙な違和感に対して

血液検査をすることになりました

問題なくクリアだったらたぶん無理な手の使い方をしているってことなんでしょうね

今日見てくださった先生は

「メンタル面や気候の変動でこんな風にいつまでも痛くないんだけどね」と仰っていました


結果がわかるのは次回の診察日です

それまでに治れば使い過ぎなんですがね


今は痛いですね

もうどこがどう痛いのかよくわからない感じです

特に右手は最悪ですごく嫌で嫌で仕方がない

来週は5月に検査した睡眠外来の結果がわかるし

これからの3週間の間にいろんな結果が出ますが

良い結果だったら「やっほ~」と

もし悪い結果だったとしても

「へ~んだ!」と乗り切るつもりです


この週末にこの手首がよくなることを祈って過ごそうと思っています


明日は弓道の祝賀会です

そのために買った洋服、着るのが楽しみですが

まだまだふっくらしているのでもうちょっと腹筋などして

顔や、ウエスト周りをすっきりさせたいものです

明日までに間に合わなかったのが悔しいわ!

「でっぷりしていたのが減ったね」と言われたかったのにな~


060.gif ご訪問ありがとうございました060.gif にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ

Commented by ミッツィ at 2014-05-27 03:23 x
なにげない動作が痛みにつながることもあるけど
自分ではなかなかわからないんだよね。
痛む場所をかばって、違う場所を痛めたりもあるし(>_<)
お大事に。無理しないでね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by chisato-antares | 2014-05-23 21:04 | Comments(1)

ご訪問ありがとうございます  平凡な日々の中、楽しいことや思ったことを綴ったブログです     


by ちーちゃん